日本山岳ガイド協会認定登山ガイドハマ・マウンテン

◆公募山行

▲  (初心者向け)  行動 5 時間未満、累積標高差500m未満
▲▲ ( 一般向け)  行動 5~8時間、 累積標高差500~1000m
▲▲▲(やや健脚向け) 行動 8 時間以上、累積標高差1000m以上

いま、アルプスの山小屋は深い雪に包まれています。7月以降の募集については、現在のところ日程や参加費などが確定していないプランがあります。2022年3月1日より7月以降のプランの受け付けをスタートいたします。それまでにはプランの日程や料金を確定しますので、いましばらくお待ちください 。参加費を表示してあるプランでも変更等の可能性があることをご了解ください。


2022年4月1日(金)-2日(土)花の名山・角田山&弥彦山へ▲(新潟県・1泊2日)

■出発日 2022年4月1日(金)1泊2日

■募集 6名

■参加費 <2名の場合>38,100円(内訳:ガイド交通費&宿泊費12,000円+ガイド基本料26,100円)<4名の場合>24,000円(ガイド交通費&宿泊費6,000円+ガイド基本料18,000円)

※別途、ご自身の宿泊費がかかります。ご参考:弥彦温泉清水屋旅館12,000円(1泊2食)

■行程 <1日目:行動時間3時間>角田浜・・角田山・・角田浜・・弥彦温泉清水屋旅館 <2日目:行動時間3時間>弥彦温泉清水屋旅館=弥彦スカイライン=弥彦山登山口・・妻戸山・・登山口

■集合 お申込み者のお住まいを勘案し、催行判断日に決定してお知らせします(都内及び近隣県を想定)。

■催行判断日 2日前の夕刻17:00頃(少雨催行)

初日の角田山はユキワリソウの群落地、2日目の弥彦山はカタクリの群落地です。心行くまで花の群生地の鑑賞山行が楽しめます。花のファンにはたまらない魅力です。ハママウンテンでも好評定番のツアープランです。

 

お申し込みはこちら

2022年4月4日(月)弘法山の桜の花見と大山寺参拝ハイキング▲▲(神奈川県・日帰り)

■出発日 2022年4月4日(月)

■募集 8名

■参加費 14,700円(2名様の場合)内訳:ガイド交通費300円+ガイド基本料14,400円 10,000円(4名様の場合)内訳:ガイド交通費100円+ガイド基本料9,900円

■行程 行動時間6時間30分 小田急線・秦野駅・・弘法山公園・・高取山・・浅間山・・阿夫利神社下社・・大山寺・・大山ケーブル下駅==伊勢原駅

■催行判断日 2日前の夕刻19:00頃(降水確率が40%を超える場合は中止します)

■集合 小田急線・秦野駅改札口8:00

秦野市の弘法山公園は桜の名所として神奈川県民に親しまれています。花見の後は大山を目指して阿夫利神社の下社から大山寺へと下ります。花見の後は富士山と箱根の山々、相模灘の海景を楽しみながら大山寺の参拝を楽しめます。

 

お申し込みはこちら

2022年4月11日(月)アセビの白い花を求めて伊豆最高峰の万三郎岳へ▲(静岡県・日帰り)

■出発日 2022年4月11日(月)

■募集 6名

■参加費 <2名様の場合18,900円>(ガイド交通費2,900円+ガイド料16,000円)<4名様の場合12,500円>(ガイド交通費1,500円+ガイド料11,000円)

■行程 <行動時間:6時間>天城高原縦走登山口・・万二郎岳・・万三郎岳・・涸沢分岐点・・登山口

■催行判断日 2日前の夕刻19:00頃(少雨催行)

■集合 お申込み者のお住まいを勘案し、催行判断日に詳細をお知らせします(神奈川県内を想定)

天城山は伊豆半島中心部にそびえる山々の総称です。その最高峰が万三郎岳1,406mです。頂上稜線にはアセビのトンネルができるほどアセビが群生しています。アセビのシャンデリアのような白い花を求めて天城山を周遊します。

お申し込みはこちら

2022年4月12日(火)関東では珍しいヒカゲツツジの花見に坪山へ▲(山梨県・日帰り)

■出発日 2022年4月12日

■募集 5名 応募状況(👦)

■参加費 <2名の場合>18,000円(内訳:ガイド交通費3,600円+ガイド基本料14,400円)<4名の場合>11,700円(内訳:ガイド交通費1,800円+ガイド基本料9,900円)

■行程 <行動時間:4時間30分>びりゅう館・・登山口・・西ルート・・坪山・・阿寺沢分岐・・びりゅう館

■催行判断日 2日前の夕刻19:00頃(天気予報の降水確率が40%を超える場合は中止します)

■集合 お申込み者のお住まいを勘案し、催行決定後にお知らせします(都内及び近隣県を想定)。

関東でも数少ないヒカゲツツジの群落が鑑賞できる山として人気急上昇の坪山1,103m。花好きに大人気の山で、尾根道にはイワウチワなども小さな群落をつくります。ヒカゲツツジの開花期は例年4月中旬頃でイワウチワやアセビも花を添えます。まさに花の名山。ヒトリシズカにも出逢えそうです。

 

お申し込みはこちら

2022年4月17日(日)秩父の花の山道で春のお花を楽しむ日向山▲(埼玉県・日帰り)

■出発日 2022年4月17日(日)

■募集 10名(1名様から催行します)応募状況(👧👧👦👧)

■参加費 3,000円

■行程 <行動時間:4時間>西武秩父線・芦ヶ久保駅・・日向山・・六番峠ハイキングコース・・卜雲寺(秩父6)・・寺坂の棚田・・法長寺(秩父7)・・横瀬駅

■催行判断日 2日前の夕刻19:00頃(天気予報の降水確率が40%を超える場合は中止します)

■集合 西武秩父線・芦ヶ久保駅改札口9:40

秩父の日向山(ひなた)の中腹の桜を楽しみ、「花の山道」と呼ばれるコースを歩く春の里山ハイクです。サクラやフデリンドウ(下の写真)をめでながら日向山へ。日向山の山頂から武甲山など秩父の山々の展望を楽しんだ後は、六番峠ハイキングコースを歩き、里山を下ります。秩父の札所を3つめぐり、鎌倉時代から続く寺坂の棚田を訪ねて横瀬駅へ。春の日がなハイクにはあったかな絶品のコースです。

お申し込みはこちら

2022年5月2日(月)奥武蔵の古刹を参拝し、展望抜群の頂上に立つ関八州見晴台▲(埼玉県・日帰り)

■出発日 2022年5月2日(月)

■募集 10名

■参加費 3,000円(1名様から催行します)

■行程 <行動時間:5時間10分>西武秩父線・西吾野駅・・間野集落登山口・・高山不動尊・・関八州見晴台・・八徳集落登山口・・吾野駅

■催行判断日 2日前の夕刻19:00頃(天気予報の降水確率が40%を超える場合は中止します)

■集合 西武秩父線・西吾野駅9:30

東京の高幡不動、千葉の成田不動とともに関東三大不動に数えられる高山不動尊。その古刹をお参りし、展望抜群の関八州見晴台771mに立つパノラマ・ハイキングです。ヤマツツジ咲く山頂からは武甲山や両神山、奥多摩や奥武蔵の山並み、奥日光、筑波山などぐるりと360度展望できます。見晴台でゆっくりお弁当を広げましょう。

お申し込みはこちら

2022年5月9日(月)眺望抜群の隠れ名山・中倉山と孤高のブナの木を求めて▲(栃木県・日帰り)

■出発日 2022年5月9日(月)

■募集 5名

■参加費 <2名の場合>24,600円(ガイド交通費8,600円+ガイド基本料16,000円)<4名の場合>15,300円(ガイド交通費4,300円+ガイド基本料11,000円)

■行程 行動時間:6時間 銅親水公園・・中倉山・・孤高のブナ・・銅親水公園

■催行判断日 2日前の夕刻19:00頃(降水確率が40%を超える場合は中止します)

■集合 お申込み者のお住まいを勘案し、催行決定後にお知らせします(都内及び近隣県を想定)

中倉山は足尾山地の隠れざる名峰です。「山と高原地図」には収録されていますがルートの記載はありません。ですが、しっかりとした踏み跡があります。山頂からは360度の展望と孤高のブナの木が楽しめます。足尾の秘峰に足を運んでみませんか。

お申し込みはこちら

2022年5月13日(金)桃色のアマギシャクナゲを鑑賞!伊豆最高峰・万三郎岳へ▲(静岡県・日帰り)

■出発日 2022年5月13日(金)

■募集 6名

■参加費 <参加者が2名の場合18,900円>(ガイド交通費2,900円+ガイド料16,000円)<参加者が4名の場合12,500円>(ガイド交通費1,500円+ガイド料11,000円)

■行程 <行動時間:6時間>天城高原縦走登山口・・万二郎岳・・万三郎岳・・涸沢分岐点・・登山口

■催行判断日 2日前の夕刻19:00頃(少雨催行)

■集合 お申込み者のお住まいを勘案し、催行判断日に詳細をお知らせします(神奈川県内を想定)

天城山は伊豆半島中心部にそびえる山々の総称です。その最高峰が万三郎岳1,406mです。頂上稜線にはアセビのトンネルができるほどアセビが群生しています。アマギシャクナゲは5月中旬にその可憐な花を咲かせます。美しい!

お申し込みはこちら

2022年5月15日(日)薫風とヤマツツジに包まれて。日光・鳴虫山へ▲(栃木県・日帰り)

■出発日 2022年5月15日(日)

■募集 6名

■参加費 <2名の場合>24,500円(内訳:ガイド交通費10,100円+ガイド基本料14,400円)<4名の場合>14,900円(内訳:ガイド交通費5,000円+ガイド基本料9,900円)

■行程 <行動時間:5時間>日光市内駐車場・・鳴虫山登山口・・神ノ主山・・鳴虫山・・合峰・・銭沢不動・・並び地蔵・・駐車場

■催行判断日 2日前の夕刻19:00頃(天気予報の降水確率が40%を超える場合は中止します)

■集合 お申込み者のお住まいを勘案し、催行決定日に詳細をお知らせします(都内及び近隣県を想定)。

この山に雲がかかると雨になりやすいことから泣き虫山と呼ばれるようになったとか。実にユニークなネーミングです。日光市郊外に位置し、美しい広葉樹の多い登山道を登ります。樹間からは日光連山がちらちらと見えますが、あまりはっきりとは姿を見せません。なんといってもこの山の魅力は春のヤマツツジです。本コースでは合峰から銭沢不動に下ります。急峻な下りですが、このコースはヤマツツジのトンネルが見事! サイコーの気分です。写真は鳴虫山山頂からの女峰山。下山後は観光名所の並び地蔵にちょっと立ち寄ってから帰ります。

お申し込みはこちら

2022年5月18日(水)シロヤシオ咲き誇る丹沢・檜洞丸へ▲▲(神奈川県・日帰り)

■出発日 2022年5月18日(水)

■募集 6名

■参加費 <2名の場合>15,400円(ガイド交通費1,000円+ガイド基本料14,400円)<4名の場合>10,400円(ガイド交通費500円+ガイド基本料9,900円)

■行程 <行動時間9時間>小田急線・秦野駅7:40==西丹沢ビジターセンター・・箒沢・・石棚山稜・・檜洞丸・・ツツジ新道・・西丹沢ビジターセンター==秦野駅

■催行判断日 2日前の夕刻19:00頃(降水確率が40%を超えた場合は中止します)

■集合 小田急線・秦野駅7:40

かつては丹沢の秘峰といわれた檜洞丸(ひのきぼらまる)。シロヤシオが咲き誇る石棚山稜を登り、檜洞丸を目指します。下りも赤い花弁を付けたトウゴクミツバツツジやシロヤシオ咲くツツジ新道を下ります。ツツジづくしの山歩きです。

お申し込みはこちら